信じるチカラ

おかげさまで、ボール、取れました!


近所の公園の木の枝に

引っ掛かってしまった

我が家のサッカーボールとバスケットボール。


親切な小学生(高学年男子)に

落としてもらうことが出来た。


公園に入って、私たち親子の顔を見るなり

小学生のグループが

「ボール1つ落としといたよーーー!」って。

声を掛けてくれた。

(うちら親子3人公園の常連www)


私たちが公園に行かなかった日に

みんなで落としてくれていたらしい。


「えーーー!!ホント!?ありがとうーー!」

と木を見てみると、確かに落ちてる。

しかも、枝に巻き付けてあるロープやら何やら

努力の痕跡が・・・

なんとありがたいんだろう。。。


さて、残りは

小枝にがっしりハマったサッカーボールだ。


通りすがった大人は、みんな

「ありゃーずいぶん高いから無理だな~」

って言うだけ。


一方子どもたちは

頼まれた訳でもなく

ただ、

「ボールを落とす」という目標を設定し

その為には何ができるかを、試行錯誤し

何度も何度も色んな方法を編み出し

何日も、何時間もかけて

ただ、ひたむきに諦めないで動いてくれた。


お礼が欲しい訳でもない。

あのボールをもらえるわけでもない。

ただ落としたいだけ。


最初は面白がって協力してくれた7人が

だんだん他のことで遊びだしたり、

諦めモードに入る子、と減っていく。

最後の最後まで諦めないでいてくれた3人+我が家だけが

きっと充実感と達成感を味わうことができたんだろう。

すっごく嬉しそうだった。(笑)


「無理だから止めよう」

なんて言葉、一言も耳にしなかった。


だから子供は好き!

純粋で、一途に自分の力を信じていて

制限なんか設定しない!

その姿を見ながら、深い感謝はもちろん、

そのまま大人になってほしい!

とホントに思った。


大人の常識なんかに惑わされないで

何でもできる!って信じたまま。


世間では、非常識って言われるけど

それ、誉め言葉だからね。(笑)


最後に、当てて落としてくれた子に

ジュース1本分のお金をプレゼントした。

そしたら、その子、残りの2人を誘って

一緒に買いに行き、分け合っていた。


あぁ、なんて、すばらしいんだろう。


そして、早々諦めて、その場所を離れた子が

「みんなでやったのに、ズルいーーー!」

って、叫んでる。。。


大人でもいるね。こーゆー人。(笑)


「ズルくないよ。最後まで諦めないで落としてくれた

 〇〇くんへの感謝の気持ちなんだから!」


って、ちょっとキレ気味な大人(わたし)。(笑)


「~したい!」とか

「応援したい!」

って相手に思わせるくらい

相手を感動させてるの?


「成功の秘訣はなんですか?」

と聞かれて、多くの成功者が答えること。


「成功するまで諦めなかっただけですよ。」



高額セミナーなんて行かなくても

自己啓発本読み漁らなくても

こういう日常から教えてもらえること

考えさせられることって

た~~~くさんあるんだよ?

本当にたくさん。


子どもたちよ、ありがとう。



IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000