1.小5と余命宣告

私が、むかーし医師から告げられたのは

私の。ではなく、私の父の余命。

医大の食堂?休憩所?で


「あなたのお父さんは、

 もってあと、1~2年です。」


って。


医師も辛かったと思うよ。

相手は、だって小学5年生の女の子だもん。

でも他に伝える家族は、いないから

まぁ、仕方ないね。

仕事とは言え、酷だっただろうな。


「そうですか。1~2年ですか。」


その子は、泣かなかった。

涙ひと粒すら出てこない。


ショックだったよ。

今でも、ちょっとぼーっとしながら

テレビで流れていた「ヤヌスの鏡」(←古いっ!w)の

続きを見ていたのを覚えてる。


実はもうどっかでわかってた。

今さら、泣きわめいたところで

どうしようもできないってことも。


だから、

「ちょっと話していいかな?」と言いながら

医師に消されたテレビを

自分で付けて、その続きを(笑)


至って現実的だった。

というか、シビア過ぎる子どもだった。


両親が離婚したのは、私が0歳の時。

父が50歳の時の、子供だった。

「おじいちゃんと孫」に

よく間違えられてたなぁ。(笑)


つまり、ずーと父子家庭。

それまでにも、入退院を繰り返してきて

その度に、施設や友人の家などに預かってもらって

やり過ごしてきた。


その父を、永久に失うということ

独りになるということ


もうずっと覚悟しながら生きてきた。


悲しい。

寂しい。

いやだ。


胸がぎゅーっと締め付けられて

苦しくなって、

この苦しいのがなんなのか

わかんないまま

呼吸が浅くなって

泣いてたなんてこと、

しょっちゅうあった。


しょっちゅうありすぎて

慣れてしまった(笑)


もうこの頃には

心臓に、うっすーい産毛が

生え始めていたことだろう(笑)


人の死は止められない。

しかも本人が望んでいたんだから。


彼の病気は、肝硬変だった。

お酒を止めれば、

改善するかもしれないのに

そのお酒を止めるくらいなら

死んだ方がマシだっ!って

ずーと断言し、

生活を変えなかった。

自業自得だ。


子ども心に、

なら、仕方ないね。

周りが何度止めたって

本人が、そうしたいなら。


長く生きることよりも

好きなことをしたい。


いいんじゃないの?

別に。

どうぞお好きに。


と言うよりも、悪いけど、

自分のことを考えるので

精いっぱいだった。


残された私、

これからどうやって生きていくか

中学校は行けるのだろうか?

制服は買えるのだろうか?

今と同じところに住めるのだろうか?

あの施設に、また行くくらいなら、

違うところを探そう!!

真剣に考えていかなくちゃいけないんだから。


悪いけど

他人の人生に関わっていられるほど

私の頭の中は、暇ではなかった。


自分じゃどうしようも出来ないポイントに

しがみついている暇はなかった。


シビア過ぎる子どもだった(笑)



今日は、ちょっぴりお盆モード。

書きたくなったので

書いてみた。


なので、また書きたくなったら、

続く(笑)


↓↓↓


2.余命宣告後の現実

IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000