2.余命宣告後の現実

お盆モードで、何気なく書いた

小5と余命宣告

が、予想外の大反響で

ビックリでしたが

たくさんの方に、お気に留めていただき

そして、多くの優しいコメントも

ありがとうございました。


ということで、続きを書くことにしました!

って言っても、

ホントに忙しい10代でしたからね、わたくし。

次から次へとイロイロあり過ぎて

何部作になるのやら・・・(笑)


だいぶ長くなってしまうよ?

ホントに大丈夫?(笑)



さてさて、わずか小5で

親の余命宣告を受けた。

というショッキングな

体験をしたわけですが

現実の生活は、

それまでとあまり変わらない。


父は、今まで通り

退院すれば、

ビールを、炭酸ジュースのように飲み

テレビで野球を見ている。


私は、ヨソの家に預けられ

一時的に転校していたので

元の家と、元の学校に戻り

今までと大して変わらない

生活が始まった。


ただ私の感覚は、

もう無邪気に

はしゃぐ小学生ではいられなかった。


小6で行く修学旅行。

どこに行きたいか?

ってアンケートを学校から配られた。

クラス中が

「やっぱディズニーランドでしょー!」

って盛り上がっている中

一番近く(名古屋)のリトルワールドに

丸を付けて提出した。

一番、旅費が安かったからだ。


というか、行かなくちゃダメなのかな。

出来れば、行きたくないのになぁ。

こんな旅行なんかに使う金があるのなら

今後の為に蓄えておきたかった。



「働きたくても、病気で働けない人」

「収入がない家」

に、支給される生活保護。


我が家の収入源は、それだけだ。

と言っても、実はそれだけではない。

県営住宅に入居できて、

しかも家賃だって激安だし

医療費もタダだった。

多分?小学校の給食費も

免除してもらってたような気がする。

他にもたくさん

生活保護世帯が受けられる恩恵は

たっくさんあったと思う。


今でこそ、

なんだかNGワードに

なってるカンジがあるけど、

まぁ、ありがたいよね。


ありがたい。って思えるようになったのは

それから、ずーーーっとずーーっと

先の話だけどね(笑)


とにかく当時は、必死だ!

後先、短い病人をアテにする訳にもいかず

かと言って、

ここでお世話になりたい!

と思うような場所も人もなく。


あ、

哀れでかわいそうな親子を

不憫に思ってか

気に掛けてくれる人は

いっぱいいたよ。


ほんとにいっぱい。。。


保育園児だったころにも

小学生になった後も


「うちの子になる?」


って声を掛けてくれた

父の友人が何人かいた。


「いやだ!ならない!」


誰に何度言われようが、

自らの意思で、

すべて、はっきり断ってきたのを

今でも覚えている。


「お父さんといっしょにいたいから」



↓↓↓

3.病人と思春期

IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000