11.部活とバイトと学校

アクセス記録絶賛更新中の

大反響の実話

小5と余命宣告」続編です。


別名

「希少生物の活動記録」(笑)


言い方を変えれば

知らない女のただの昔ばなし。


にもかかわらず

「続き楽しみにしてるよー!」

な~んて声をもらえると

なんかちょっと嬉しい💗


皆さん、ありがとうございます。




中2にして、人生初の面接!


「へぇ~。

 こんなとこに、こんなお店あったんだ~」


意外とのんき。

だって受かると思ってなかったもん(笑)


その日本料理屋さんは

他にも3~4店舗を持つ

浜松ではソコソコ有名な

料理屋さんだった。


なぁんてことは、

もちろん当時の私は知らない。

求人に載ってた

あの小さい広告しか

見てないからね。


おじさん(社長)が

面接してくれた。


面接マニュアルとか

そんなのも知らない。

とりあえず行った。

ってカンジ。

(面接、ナメ過ぎw)


ただひたすら

そのおじさんの質問に

答えていった。


「どうしてアルバイトしようと思ったんですか?」


隠さず、ありのままの家庭の事情を話す。


「週にどのくらい働けますか?」


「出来れば、毎日働きたいです。


「学校と部活があるので

 出勤できるのは、夜7時 ~ になってしまうけど

 その分、毎日出ます!

 日曜日や祝日は、学校が休みだけど

 試合が入ることが多いので、

 夜しか出れません。」


「休む」=「動きを止める」

という発想が全くなかった。


その気迫は通じたのか

すぐに働かせてもらえることになった。


ただし条件付き。

高校生の時給で750円の募集だったから

中学生だから650円。

従業員には「高校生」と言う。


ま、そのくらいならね。

向こうは、

法律違反を犯して

雇ってくれる訳だから。

全然飲める条件だった。


私は、

人目につかない

「洗い場」に配属。


その名の通り

下げられた食器を洗う部署。

先輩が2人。


1人は、ミネさん。

70過ぎのおばあちゃんだった。

(60過ぎだったけか?w)


もう1人は、リカちゃん。

高校生のアルバイト。

(私といっしょ。の設定)


ミネさんが

チームリーダ的存在で

余洗いと、

業務用の大きな食洗器に

お皿を並べる担当。

(つまり動かない)


私たち2人が

食洗器が洗い終えたお皿をまとめて

広い調理場の各置き場所へ戻す担当。

(つまりよく歩く)


これが、また1つのラッキーで

このおかげで

私は、たくさんの従業員さんと

話しするようになっていった。


懐石料理が

良く出る日本料理屋さん。

刺身のお皿は刺身調理場へ

揚げ物・煮物・焼き物 等々

それぞれの担当部署と

担当調理師やスタッフがいた。


たかが洗い場。

とナメたらあかんぜよ!


忙しい日に

ちょっと気ぃ抜いたら

「おーい!洗い場ー!

 皿が足りないぞーー!

 早く持ってこい!!」

って怒鳴られるんだから。


宴会が終わって、

一気にやってくる洗い物。

置き場所もなくなって

ホールの人が、床に置いていく。

なんてことも。


結構、要だよね。

ここで滞ったら、

みんなが迷惑する。


人の動きや流れを観察しながら、

とても大事なことに気づく。


何1つ、ムダな仕事はないんだな~


必要だから

わざわざ雇ってる。

そりゃ、そうなんだけど、

安い時給で

しかも「洗い場」って地味さが

なんかちょっとね。

チョロいじゃん!って

軽視したことがあったのも事実。


3人の中、1人でも休むと

結構キツキツ。


あぁ、迷惑掛けちゃいかんな。


って。


さてさて、

こんな素晴らしい体験を

義務教育中にさせてもらえたおかげで

その義務教育を

放棄することになっていった(笑)


当時の私の優先順位は、以下の通り。


1.バレーボール(部活)

2.アルバイト

3.睡眠


何度読んでも

「勉強」が入っていない(笑)


まず、第1位のバレー部。

そこそこ強いチームだったのさ。

市内大会1~2位を争う

県大会を狙う、結構な強豪チーム。

もちろん、レギュラー。

練習もキツイ。

朝練・昼練(昼休み)・夕練があった。

んでそれが終わった後に、

一旦家に帰り、

高校生を装う為の

スポーツジャージに

わざわざ着替えてから、出勤。


帰りは

だいたいいつも日付が変わってから。

もちろんバスはない。

揚げ物担当の調理師のおじさんが

隣町に住んでることが判明して以来、

送ってもらうようになった(笑)


それから、寝る準備をして

寝るのは、だいたい深夜1時すぎ。

んで、朝練へ。


優先順位第1位!

だからね。

疲れ過ぎて、体調を壊して

プレイに支障をきたすわけにはいかない!

ちゃんと身体を休めないと!


ということで

寝るのは、当然、授業中。。。


授業がつまらなくて寝ちゃうんじゃない!

自らの身体のために、あえて寝てるのだ!


誇らしいぜ、わたし(笑)


寝る為のタオル(枕)も用意して

堂々と寝ていた。

授業のほとんどを

寝て過ごしているのだから

そりゃ、疲れないよね。

逆に、睡眠はとり過ぎていたかもしれん(笑)



誰かに聞かれたことがある。


「ほとんど寝てるだけなのに、

 なんで学校に来るの?」


「給食と部活に用があるの」


あぁ~

誇らしいぜ、わたしっ!w



家に居る時間も激減し、

父とも少し距離ができたことで

小さなことも気にならなくなり

私の精神も安定してきた。


アルバイトは、

親子関係改善にも

良い効果をもたらした。


はずだった。。。



IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000