150年の感謝

2017年11月22日、

私たち夫婦は、朝一で主人の実家に向かった。


それまで入っていた

全ての予定をキャンセルしてまで

向かった理由。


どうしても、見送りたい最後があった。



樹齢150~200年の椎の木。

1本の木が、2つに分かれて

それぞれが、枯れることなく立派に育ってきた。

ずーーっとずーーっとこの土地を、

内山家を見守ってきてくれた大きな存在。

家の屋根にかぶさっていて危ないからと

伐採することになったのだが

枝1本が、3トン...

既に、枝でなく「木」と呼ぶ方が相応しい(笑)



超大型クレーンやはしご車が出動。

作業員7名がかりの大仕事。

家があるから、一気に倒せない。

ひと枝ずつ。。。

私の中のイメージは

正に、まな板の上でブロッコリーを切る作業の大きい版(笑)


太い枝は、ひと苦労。。。

(動画は3分14秒)

作業員さんたち、ホントお疲れ様でした。


田舎のだだっ広い敷地。

葉は、その場で燃やしながら、暖をとる。




椎の木さん、姿が無くなっても、

ずっといつでも、また繋がれることを

私たち一家は、ちゃんとみーんなわかってるから

全然寂しくないよ。


来年から、この場所に住む私たちに

この土地のことをいろいろ教えてね。


長い間、ありがとう。


IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000