19.貯金の理由

アクセス記録絶賛更新中の大反響の実話

1.小5と余命宣告」続編(第19話目)です。


父ひとり、子ひとりの家庭で育った娘が

小5の時に、その父の余命宣告を受け

その後の覚悟と成長?を描いた実話。

脚色一切なし!

むしろ、各方面への配慮の為(笑)

わざわざ抑えて書いているくらいだす。


ということで、これは連載ものです。

初めての方は、1話からどうぞ↓

その方が絶対、楽しめます^^

1.小5と余命宣告


これまでのブログネタは

プロフィールページの下部から、どうぞ。





ちょっと油断したがために

あっさりと父親に奪われた

私の貯金、40万円。

当時は、何よりも大事だったかもしれない。


その絶望は、大きかった...


が、それで当時の生活が

変わってしまった訳でもない。

有難いことに、家賃は滞納してても

追い出されることもなかった。

中学校にもそのまま行けていた。

その父親が入院しても、大変じゃない。


全ては、生活保護のおかげだ。

当時は、そこに深い感謝も出来なかったけど

そうやって私は、社会に助けられてきたのだ。


ありがたい...


最近は、生活保護という実態に

悪い文章を付けて、

話題に上がることも多いけど

ま、こんな世帯も、いっぱいあるのよ。


また話題がソレてしまったが

当時中学3年生で、

必死で貯金をしていたのには

ただ今後の為に。なんていう

ぼんやりとした理由ではなく

明確な目的があった。


海外留学がしたい。


これ。

この想いがすごく強かった。


憧れや夢ではない。

口だけの目標でもない。

明確な目的だ。


かと言って、有り難い生活保護も

さすがに留学費用まで

出してくれる訳ないのは、百も承知だ。


これを叶える為には、何をしたらいいか。

どうしたらいいか。

の結果が、アルバイトだった。


資金があったって

話せなくちゃ、行った後に困る。

ってことで、

バイトの傍らに週1回程度だけど

英会話スクールにも通っていた。


その費用は

年間で30万円くらいだったが

その支払いは、先払いで全て終えていた。

だから、父親に貯金を取られた時

1つだけホッとした。


支払った後で、よかったぁ・・・


良く言えば、

熱心に勉強しているだけなんだけど

悪く言えば、英語かぶれ(笑)


英語で考える習慣があった。


理由より先に、結論を伝えて、

相手をビックリさせてしまうのもw

自分の意見をはっきり言える、言い過ぎるのもw

No!をはっきり言える、言い過ぎるのもw

悪いと思ってないと、謝らないのもw

今も日本語がちょっとおかしいのもw

(日本語だけじゃないけどねw)


多分、この影響がすごく大きいんだと思う。


手帳は、全部英語で書いていた。

書くために、辞書で単語を調べて

を繰り返し...

その英語辞典は、

単語を調べるために開くのだが、

面白くて、つい読み出しちゃう(笑)

全然、飽きなかった。

3行くらいの簡単な英語日記も毎日書き

ひとり言も、寝言も、英語(笑)


学校の英語の授業は、もちろん起きている!


身銭を切って、英会話スクールに

通っている身としては

タダで英語を教えてもらえるんだから

寝てたら、もったいないっしょ。


今でも、そう思う。


学ばせてもらうって、貴重なこと。


しかもタダだよ!

(タダには弱いw)


ってことで、

貯金を奪われた絶望に

浸りきっている時間も

そこで、

へそ曲げてグレてる時間も

もったいないわけだ。


行動は、今までと変わらない。

仕事をし、金を貯め、勉強する。

この3点セット!

ただ、それだけ。

ただ、それをひたすら繰り返すだけ。

それが、My ミッション!(笑)



何が起こっても、ブレない!

その軸を支えるのは、明確な目的だ。




冬になると宴会が増える。

母親に、コンパニオンの仕事も

なるべく多く自分に回してくれ。

とお願いした。


出来るだけ効率的に、稼ぎたい。


そんな私の想いを

神様は知ってか知らずか

また新たな事件が起きる。




母親が逮捕された...






↓↓↓

20.母親逮捕とその裏側

IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000