25.人と違うということ

アクセス記録絶賛更新中の大反響の実話

1.小5と余命宣告」続編(第25話目)です。


父ひとり、子ひとりの家庭で育った娘が

小5の時に、その父の余命宣告を受け

その後の覚悟と成長?を描いた実話。


サブタイトル

「子どもの自立を育てる方法」w


脚色一切なし!

むしろ、各方面への配慮の為(笑)

わざわざ抑えて書いているくらいだす。


ということで、これは連載ものです。

初めての方は、1話からどうぞ↓

その方が絶対、楽しめます^^

1.小5と余命宣告


これまでの、他シリーズは

プロフィールページの下部から、どうぞ。





高校の合格発表日。


自分の車で、受験結果を見に、

わざわざ高校まで行ってくれていた

担任の先生の言うことを無視して

勢いよく飛び出していった。


やっぱりこの目で、確認したい!

他人なんかに任せられない!


思い立ったら...というような

勢いに任せて、向かったはいいが

やっぱりバスの中でも同じ。


落ち着かない…


心臓が、ドキドキ、バクバク...

この時間が耐えられない。

人の脳にも、早送り機能があればいいのに。


気が逸る(はやる)


早く着きたい気持ちで、頭がいっぱい。

道中を楽しむ余裕なんて、もちろんない。


バスを降りて、

高校までの短くはない距離を猛ダッシュ!

寒い時期のはずだが、そんなのはカンケーない!

とにかく、走った。


息をハァハァ、切らして

高校の門を入っていく。


着いた時間が遅かったので

受験番号が書かれた掲示板の前には、

もう誰もいなかった。


自分の番号を探す。

絶対に見逃さないように、すごい集中力で。


他の数字を認識しながら

「違う」「違う」って

脳が判断していくその時間は

すごいスローモーションだった。





あった...


受かった...



全身の力が抜けた。

まぶたと顔の筋肉が緩んだ感覚すら、あった。


大きく見開いていた目を閉じて

深いため息をついた。


あった

良かった...


とにかく、ほっとした。



確認できたから、すぐに学校に戻らなきゃ!


と、5分も滞在しないで

来た道を戻った。



合格者は、体育館に13時に集合!


の時間を大幅に遅れていた。

既に、集会は始まっていたので

体育館後ろの入口からこっそり入った。


つもりだったのに、

堂々としていたのか、日頃の行いか

すぐにみんなが、私を見てザワついた。



「いいよなぁ、あんなんで受かるんだったら」

「こっちは、やってらんないよな」



聞こえたのは、

入ってすぐ、右ナナメ前あたりの、

男性生徒の言葉だった。


すぐにそっちを向いて、

その男子生徒のところまで行き


「何にも知らないくせに、うるせーよ!

 ボンボンは、黙っとけっ!」


と、言おうと思ったけど、

睨み付けただけで、止めた。

ガマンした訳ではない。


その言葉が耳に入ってきて

一瞬だけ感じた、そんな怒りよりも

強く残った気持ちがあったからだ。



向こうからしてみれば、そうだよね...


自分たちが、必死になって勉強してきて

やっと掴んだ合格。

そこには、それぞれのいろんな思いと

気持ちがたくさんあったはずだ。


言わば、

この場は、選ばれた人たちの集まりだ。


授業のほとんどを、保健室で寝て過ごしきて、

更に、お気楽で自由な行動ばっかりの

不良っぽい女子。


そんなんが、この場に入ってこれば

しかも、遅刻してるのに、こんなに堂々と...


そりゃぁ、いい気分はしないわ。

そんな言葉だって、出るわな。


それがわかったから。





感じたのは、孤独...

わたしは、この人たちとは違う…



今までも、

そしてこれから送る高校生活も

この場にいる同級生たちとは

全く違うものになるだろう...



もちろん、それで良いんだ!

自分で、選んできたんだから。



の、はずなのに...


さっきの受験番号の掲示板の前では

全く出なかった涙が、

ほんの少しだけ目に溜まり

私の視界を邪魔した。


すぐに、

あくびでごまかした...



理解されない寂しさを...






IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000