44.沈みゆく船

毎週土曜日更新 の

アクセス記録じわじわ更新中の大反響の実話

「1.小5と余命宣告」続編(第44話目)です。


父ひとり、子ひとりの家庭で育った娘が

小5の時に、その父の余命宣告を受け

その後の覚悟と成長?を描いた実話。


サブタイトル

「上がるより、落ちる方が速い」

脚色一切なし!


むしろ、各方面への配慮の為(笑)

わざわざ抑えて書いているくらいだす。


ということで、これは連載ものです。

初めての方は、第1話からどうぞ↓

その方が絶対、楽しめます^^

「1.小5と余命宣告


これまでの、他シリーズは

プロフィールページの下部から、どうぞ。



当時、私は高校2年生。

酔っ払いは、細かいことは気にしない。

気付いたとしても、深く追求なんかしてこない。

自分たちが楽しむために

酒の席にコンパニオンを呼んでるんだもん。


むしろその方が、

ありがたかったのにね。


内部告発により

経営者(ママ)が逮捕されて

そして、あっさりと釈放された。


執行猶予って言うのかなぁ?

それとも罰金だけで済む程度の刑だったのか?



よくわからないまま

今までと変わらず、

仕事が入れば宴会に出ていた。



でも

変わらなかったのはわたしだけ。



その事務所内は

日に日に、変わっていった。


ママの逮捕後、

仕事数は激減した。

代理を務めた弟も

良い仕事をしなかった。


送迎してくれている運転中に


「今日、パチンコで20万円も勝っちゃってー♬」


得意気に話すその軍資金は

私たちが仕事した約半分のお金だ。


お客さんからもらうお金は

2時間の席で女の子1人12,000円。

延長が入れば、さらに追加。


その金額の半分を、私たちがもらい

半分はママ(事務所)に入る。


事務所は、その半分の中から


旅館や民宿等呼んでくれた

宿泊施設に払うお礼の

「お花代」



私用車を出した運転手に支払う

「お車代」


女の子の

「制服代」等



実際に様々な経費を使っていた訳だが...



「うちらが働いてきた金で

 毎日パチンコ三昧かよ!」


「ママ(姉)は、ホスト三昧だし!」



従業員である女の子たちは

ママのホスト狂いをずっと見てきたから

余計にその不満が増えていった。




それに拍車を掛けるように

ママのホスト狂いがひどくなっていった。


長年、追いかけ続けている

お目当てのホストへの切ない恋心が、

耐えられなくなったのか


仕事が入らなくなって

逃げたくなったのか・・・


シャブ(覚せい剤)に手を出して、

どんどんおかしくなっていった。


言われなくても、すぐわかる。

見た目も、頬がこけた独特の痩せ方をする。

話しても視点が合わなくなり

夜中に発狂しだしたり...




「お疲れ様でしたー」


帰る時に、挨拶した

すぐ目の前にいた私の声は

聞こえなかったようだ。


目は開いているけど

こっちは見ない。



彼女の世界に

もう私たちはいなかった...





IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000