身近なサービスの消費者心理

まず、人は「できないこと」と「めんどくさい」ことにお金を使います。

料理をする代わりに、外食だったり、

壊れたものを直す代わりに、新品購入だったり。

そこを意識して、提供サービスを考えることも大事なこと。


だから、我が家に「出張修理の自転車屋さん」のチラシが入ってきたとき

「なんて素晴らしいサービス!

 壊れた自転車引いて行かなくていいって、なんて有り難い!」

と好印象で、その小さいチラシを大事に大事に取っておきました。


それからしばらく時が経ち、必要になったので、

しまってあったそのチラシを手に電話を掛け、修理しにきてもらいました。

率直に、良かったです。

ものすごく礼儀正しいわけではないけど、ちゃんと説明してくれて、素早くて。


しばらくして、別の「出張修理の自転車屋さん」のチラシが入ってきました。

もう1つのところより、全てのメニューが少しだけ安い。

「同じサービスなら安い方がいいじゃん!」

これが消費者心理です。

もちろん次はこちらの安い自転車屋さんを呼びました。

電話の時点でもうその対応(話し方)に、なんとな~く不安な予感はしてたんですが、

もう見事なくらいそのヤな予感は的中しました。。。


そのおじさんの対応がヒドい。。。(涙)

私にとったら

「親戚のおじさんがわざわざ自転車直しに来てやったぜ。」くらいな印象でした(笑)

お金を受け取り、それを仕舞いながら「じゃ、どうも」と言って去っていく。

もちろん私の顔なんか見ない、見ない。

そして、もちろんそのおじさんに悪気は一切ないし、悪い人でもない。(きっと)

「自転車修理」というサービスはきちんと提供してくれました。

うん、きっとそれでもいい。それが目的だったから。

彼は、職人さんだしね。


でも、私はもう呼ばない。

もう1つの自転車屋さんとの価格差を超えるほどの

「な~んかいや~なカンジ」が残っているから。


金額以外の「付加価値」を無意識に感じ取り、感覚的に判断する。

それが女性です。


あなたのサービスに、

「な~んかイイカンジ✨✨」は、ありますか?


あなたのwebページに、

「な~んかイイカンジ✨✨」は、ありますか?




あなたのWebページについて、一緒に考え、解決する。

こちらのプランが人気です。

IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000