ハズれ?のマッサージ店(第6話)

人気のノンフィクションネタ、ついに?やっとクライマックスー!

最終話らしく、かなりの盛りだくさん♪


初めての方は、最初からどうぞ。

【第1話】【第2話】【第3話】【第4話】【第5話】



「いや~すみません!いつも話好きで、参っちゃいますよ~」

「なんか、ステキですね、近所の方ですか?」

(ダメだ。完全に昭和マジックに、かかってしまっている)


「歩いてすぐソコの近所の方で、よく来てくれるんですよ。

 私が一人暮らしだから、って色々持ってきてくれる人が多くて、

 ありがたいです。」


ステキーーー!昭和だーーーー!


個人情報漏洩うんたらとか、コンプラアンスうんたらとか

そんなん全く気にしない、昭和の世界だ!


そもそもコミュニケーションなんて

個人情報の交換って言っても過言ではない。


あれっ?あれれ?

いよいよ、施術も終盤で

わたし、スゴイことを発見する!


これって、もしかして、もしかすると


パッ!


パラレルワールドじゃない!???


同時並行する、別世界!

やっぱり!!実在した!!


昔から、パラレルワールドとタイムスリップの

類似性は指摘されているらしいし。


ここは、パラレルワールドなんだよ!

おっさぁーーーーん!!!

ナイス トゥ ミー チュー!!

そうだよ!!

見方によっちゃぁ、ありえないけど、

昭和だったら、下町だったら、〇〇だったら、☆☆だったら

全然OKなお店だよ。

「お仕事って、こういうもん!」

「商売って、こうあるべき!」

「お店なんだから。。。」


な~んていう、つまらない自分だけの常識に縛られない

自由な心の触れ合いがある昭和の世界にタイムスリップしたんだ!

素晴らしいーー!


と思ってしまったら、止められない!

私のターボが一気に加速!


「アロマよりも、ゴザ引いた方がいいよね!」

「昭和の歌謡曲とか演歌を流してさ」

「インテリアに提灯を!」

「ついでに焼き鳥とか売っちゃえば?」


はい。言いたい放題(笑)

いいの!いいの!

だってここ、パラレルワールドなんだもん!


そして、おじさんも負け地と、聞き流し放題(笑)


「常識に縛らなれないで、オリジナリティを追求する」

って結構大事なんだけどね。


ま、でも、これもステキなオリジナリティ、だ。

素朴で気さくな感じ、商売人っぽくないキャラ。

この雰囲気が良くて、集まるお客さんがいるんだから。

これは、これでアリなんだよね~


ふふふ。。。

と、なぜか私満足げ♪


そんなこんなで、施術がやっと終了~。


「では、着替えをお願いします。

 私、またあっちに行ってますから。」


と、部屋のスミっこにある

せまーい用具室?ロッカー?に、身を隠すおじさん(笑)

(あ、やっぱソコ行くんだねw)


そう!ココは、元コインランドリー(笑)

部屋なんて分かれてないよ?

仕切りなんてないんだから(笑)


精一杯の気遣いが、用具ロッカーなのさ(笑)


着替えながら、時計を見ると、

おじさん、かなりサービスしてくれてた!(驚)

げっ!保育園お迎えに間に合わないーーーー!

と、かなり焦りながら、身支度を始める。


「じゃ、どうも!ありがとうございました」


と、さっさと出ようとすると、

「あ、内山さん、ちょっと待って!」

と私を呼び止めるおじさん。

(いや~、待ちたくない。

 お迎え間に合わない!なんだよ、もぉ!)


「私一人じゃ、こんなに食べれないから

 あさり、半分くらい持って行かない?」

(スイッチ、チェーンジ!)


「いいんですか?ありがとうございます。助かります~^^」


と、マッサージ店に入ったつもりが

実は、昭和時代のパラレルワールドで、

保育園のお迎えに間に合わなくなるほどの

大幅な時間オーバーのサービスをしてくれて

夕食のあさりをもらえるという

大当たりのステキ空間だった。というハナシ(笑)


皆さん、長々お付き合いいただき

ありがとうございました。

(まさかこんなに長くなるとは、自分でも思わなかった)


あっ!そうだ!

たくさんの方から

「どうして、ソコを選んだの?」

って質問をもらってたんだった。。。


よく言うでしょ?

「自分を変えたければ、今までの自分が選ばないものを選べ」

って。

だから。。。(笑)



自分を変えたくなったら、ぜひ個別でメッセージください。

場所、教えます(笑)




↓↓↓

ハズれ?のマッサージ店(番外編1)


IDEAL WEB

元小娘トップセールスの なんでもプロデュース あなたのWebサイト・企画をより良く魅せます

0コメント

  • 1000 / 1000